快樂烘培時光/カステラ(長崎蛋糕)是如何傳入日本的呢?一起來看カステラ的由來與做法吧~




「カステラ」是一種將雞蛋打發後混合麵粉、砂糖(水飴),然後將麵糊用烤箱烘烤的糕點,漢字寫成「家主貞良」、「加須底羅」等等,不過漢字的標示很罕見,主要以片假名標示,中文常翻譯成「長崎蛋糕」、「蜂蜜蛋糕」。カステラ在日本被歸類為「南蛮菓子(なんばんがし)」,也就是從外國傳入日本的糕點,它的語源是葡萄牙語「Castella」,意指以前西班牙的「カスティーリャ王国」(Reino de Castilla),也就是カステラ這種糕點的發源地。


圖片取自照片素材網站  www.photo-ac.com


有一種說法指出カステラ是隨著1556年葡萄牙傳教士到長崎縣的平戶從事醫療活動傳入日本的,時間上相當於室町時代的末期,傳入日本之時使用了牛乳、蜂蜜等富有營養價值的原料製作,因此被認為是用來治療病人的。到了慶長(けいちょう)年間(1596~1615)カステラ開始普及,後來還被當成茶席的茶點而大為流行,當時的「カステラ」以麵粉、雞蛋、白砂糖製成,做法較簡單而不如現在複雜。位於長崎的カステラ老店「福砂(ふくさ)屋」創立於西元1624年,之後「長崎屋」、「松翁軒」、「文明堂」等商家陸續在長崎成立,乃至於從京坂地方漸漸流傳到江戶。在眾人的努力與反覆研究之下,歷經400年的光陰,漸漸開發出日本人獨特的糕點製作技術,而造就出今日的「和菓子カステラ」。

從明治時代到大正時代,正值日本文明開化時期,當時カステラ的做法已非常接近目前的樣子,カステラ更是受到不少文學家的推崇,根據カステラ商家「文明堂」的網頁記載,從「西条八十(さいじょう やそ)」、「北原白秋(きたはら はくしゅう)」、「芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ)」、「幸田露伴(こうだ ろはん)」等作家的作品都可以讀到「カステラ」登場的畫面喔!

像是作家北原白秋的作品『桐の花とカステラ』,就把五月稱為桐花與カステラ的季節,桐花的淡紫色與カステラ溫暖的鮮黃色非常協調,讓人深深感覺到晚春與初夏交融的柔和氣息。

時至今日,カステラ已經成為大家喜愛的伴手禮,接著讓我們一起來看影片學習カステラ的做法吧~!




材料:
強力粉(きょうりきこ)【高筋麵粉】
卵(たまご)【蛋】
グラニュー糖(とう)【細砂糖】
蜂蜜(はちみつ)【蜂蜜】
ざらめ糖(とう)【粗砂糖】

如果你喜歡我們的文章,幫我們的粉絲團按個讚吧!
好友人數

食譜(完整中日對照):
卵を卵白と卵黄に分けますが、2個は卵白は使いません。
【將蛋的蛋白和蛋黃分離,其中2個蛋不使用蛋白】

卵黄が10個、卵白が8個です。
【蛋黃10個,蛋白8個】

最後の2個は卵白は使いません。
【最後2個蛋不使用蛋白】

卵黄を軽くほぐします。
【將蛋黃輕輕的打散】

卵白を泡立ててメレンゲを作ります。
【將蛋白打發、製作蛋白酥(蛋白拌糖)】

卵白にグラニュー糖を2、3回に分けて入れます。
【將細砂糖分2、3次放入蛋白裡】

型の底にざらめを散らします。
【在模具底邊灑上粗砂糖】

メレンゲの出来上がりです。
【蛋白酥完成】

はちみつをお湯でのばします。
【以熱水稀釋蜂蜜】

卵黄をメレンゲに少しずつ入れます。
【將蛋黃一點一點地放入蛋白伴糖】

卵黄とメレンゲを混ぜます。
【攪和蛋黃與蛋白酥】

卵黄とメレンゲをボウルに移します。
【將蛋黃與蛋白酥移至碗裡】

強力粉を卵黄とメレンゲに入れます。
【將高筋麵粉放入蛋黃與蛋白酥裡】

さらによく混ぜます。
【接著再充分攪和】

強力粉は数回に分けて入れます。
【將高筋麵粉分數次放入】

はちみつを数回に分けて入れます
【將蜂蜜分數次放入】

生地の出来上がりです。
【麵糊完成】

漉しながら生地を型に流し込みます。
【用篩子篩、使麵糊流進模具裡】

型に生地を馴染ませます。
【讓麵糊順著模具成型】

表面が平らになるように均します。
【讓表面平整】

小さな泡が出にくくなるまで生地を落ち着かせます。
【讓麵糊平穩直到小泡泡不易出現為止】

160℃のオーブンで80分焼きます。
【以溫度160℃的烤箱烘烤80分鐘】

焼き上がったカステラは、粗熱が取れるまで30ほどおきます。
【將烤好的蛋糕靜置約30分鐘,直到燙熱感消除】

カステラをオーブン用シートに載せ、アルミホイルを丁寧にはがします。
【將蛋糕放在烘培紙上,小心地撕除鋁箔紙】

ラップで包んで一晩おきます。
【以保鮮膜包覆靜置一晚】

カステラの出来上がりです。
【蛋糕完成!】


Share this

相關文章

Previous
Next Post »